NDF 原子力損害賠償・廃炉等支援機構

国際メンタリングワークショップ Joshikai in Fukushima

参加生徒は参加費・交通費・宿泊費無料

Joshikai in Fukushimaは
終了いたしました。
ご参加いただいた共同議長・メンターのみなさま・生徒のみなさま、
どうもありがとうございました。

WHAT’S NEWお知らせ

  • 2019.06.20ホームページを開設しました。

ABOUTJoshikai in Fukushimaについて

我が国においては理工系分野の人材の確保、とりわけ女性の活躍が低調であることが課題となっています。この課題の解決に取り組むことは、長期にわたる福島第一原子力発電所の廃炉を着実に進めるためにも重要です。そのため、福島をはじめとする全国の女子中高生の皆さんを対象に、国内外の理工系女性研究者等との交流を通じて科学・工学・廃炉への興味・関心を高め、将来の選択肢の一つとして理工系への進学を検討していただくことを目的として、Joshikai in Fukushimaを開催いたします。

OUTLINE開催概要

タイトル
国際メンタリングワークショップ Joshikai in Fukushima
会期
2019年8月2日(金)~3日(土)
会場
福島県環境創造センター交流棟 コミュタン福島 (福島県三春町)
主催
原子力損害賠償・廃炉等支援機構 (NDF)
共催
経済協力開発機構/原子力機関 (OECD/NEA)
後援機関
内閣府、文部科学省、福島県教育委員会、日本原子力研究開発機構、国立環境研究所

MEMBERS共同議長・メンター一覧

共同議長

米国電力研究所(EPRI)
フェロー

Rosa Yang(ロザ・ヤン) ※ 彼女はメンターとしても活動する予定。

メンター

ノルウェー放射線防護庁(NRPA)
規制協力プログラム・ディレクター

Malgorzata Sneve(マルゴザータ・スニーヴ)

経済協力開発機構原子力機関(OECD-NEA)
放射性廃棄物管理・廃止措置課課長

Rebecca Tadesse(レベッカ・タデッセ)

カナダ原子力安全委員会(CNSC)
核燃料サイクルおよび施設規制総局・事務局長

Haidy Tadros(ハイディ・タドロス)

※日本人は氏名五十音順、海外の方は氏名アルファベット順(敬称略)

PROGRAMプログラム概要(案)

8/2(金)

9:30-9:50
開会あいさつ
9:50-10:40
基調講演
10:40-11:00
オリエンテーション・記念撮影
11:05-12:35
メンターによる講演
13:30-15:00
グループワーク[1]
15:20-16:50
グループワーク[2]
16:50-17:00
総括
18:00-19:30
交流会

詳細はこちら

8/3(土)

9:30-10:00
アメリカ高校生によるプレゼンテーション
10:10-11:10
グループワーク[3]
11:20-12:20
発表
12:20-12:40
講評
12:40-12:50
全体総括・閉会挨拶
14:00-15:00
コミュタン福島展示室見学(希望者)

詳細はこちら

REGISTRATION参加登録

対象全国の女子中高生と引率者

  • お申込みは学校の先生からお願いいたします。
    また、お申込み後の記載不備事項に係る問い合わせや、ワークショップ開催中の不慮の事故に際しての学校側の窓口をお願いいたします。
  • 引率は必須ではありません。
  • 参加は2日間通しての参加とさせていただいております。1日のみの参加はできません。
  • 参加生徒は、参加費・自宅―郡山間の往復の交通費・宿泊費はすべて無料です。
    同行する引率者・保護者については、参加費は無料ですが交通費・宿泊費はご負担いただきます。
  • 宿泊は8/1(木)の前泊および8/2(金)の2泊となります。(郡山ビューホテル予定)
    ツインルーム2名1部屋となりますが、人数の都合で同じ学校以外の人と同室になる可能性があります。
  • お申込みに際しては必ず「個人情報の使用について」をお読みの上、個人情報の取り扱いについてお申込み時に諾否をお知らせください。
  • 会期中撮影した写真・映像は記録映像及び資料として公開される他、プレス取材が入る可能性があるため報道発表等関係各所の資料等に使用される可能性があります。写真・映像の使用について、お申込み時に諾否をお知らせください。
  • ご希望によりコミュタン福島展示室見学も可能です。(日時:8/3(土) 14:00~15:00)
    福島県環境創造センター交流棟(愛称:コミュタン福島)は、ふくしまの現状や放射線、環境問題について、体験型の展示や全球型ドームシアターなどで身近な視点から理解し、環境の回復と創造への意識を深めていただくための施設です。
  • 引率者・保護者の方は、8/2(金)午後に福島県環境創造センター研究棟(JAEA研究棟)の見学が出来ます。
    ご希望の方は、登録用紙にてお申込みください。
    見学では、福島第一原子力発電所の事故後、各機関が環境回復・創造に向けた取り組みとして福島県内でどのような研究を行っているか、また実際に研究で使用している装置をご覧いただくことができます。
  • 希望される方は8/4(日)に開催される「第4回福島第一廃炉国際フォーラム」へ参加いただけます。
    フォーラム公式サイト:https://ndf-forum.com/

お申し込み方法

申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、メールかFAXで送信してください。

メール joshikai@tobutoptours.co.jp
FAX 03-5348-3799

申込用紙

プレスのみなさまへ

取材参加登録票をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXで送信してください。

締切:7月22日(月) 17:00
FAX 03-5545-7116

取材参加登録票

INQUIRYお問い合わせ

国際メンタリングワークショップ
Joshikai in Fukushima 運営事務局
(東武トップツアーズ(株)
東京国際事業部 第2営業部内)

担当:斉藤健一朗 福山加菜子
TEL 03-5348-3500/FAX 03-5348-3799
メール joshikai@tobutoptours.co.jp

共同議長

米国電力研究所(EPRI)
フェロー

Rosa Yang(ロザ・ヤン)
※ 彼女はメンターとしても活動する予定。

ロザ・ヤン博士は、原子力産業における主要な問題を解決するため、アメリカおよび世界の電力会社、製造業者、研究機関、規制機関への支援、協力活動に尽力している、原子力業界の著名なリーダー。米国電力研究所(EPRI)のフェローであり、EPRIと世界中の加盟団体との協力活動を率いる立場にある。彼女の任務は各組織との連携強化、共同研究プログラムの策定、技術移転の促進、世界中にある原子力発電所の安全性と性能を向上させることにある。ヤン博士はこれまでEPRIで、ますます要求が厳しくなる運転環境において核燃料のサイクルを伸ばし、信頼性を高めるための研究活動に従事してきた。彼女による原子力産業への最大の貢献は、Fuel Reliability Program(燃料信頼性プログラム)の策定で、10カ国以上が積極的に参加したこのプログラムは、核燃料の信頼性に関わる複数の重要な問題を解決した。さらにこのプログラムではホットセルの冷却材喪失事故(LOCA)について初めての試験を実施し、世界中の公益事業体および規制当局がこれに参加した。これらの試験結果は現在のLOCA基準の技術的基盤となっている。Materials and Chemistry(素材および化学)部門のディレクター時代には、広範な研究ポートフォリオを指揮し、沸騰水型原子炉および加圧水型原子炉の素材の老朽化と劣化、水質管理、燃料の信頼性、使用済み核燃料の保管、核廃棄物の処理、放射線管理の科学的な理解を高めることに貢献した。Technology Innovation(技術革新)部門の部長時代には、炭素回収、エネルギー貯蔵、再生可能エネルギー、センサー、ナノテクノロジー、最新素材など、ハイリターンの戦略的分野に向けて、リソースを再び集中させた。彼女は電力産業の現状を一変させるような技術進歩を求め、積極的にイノベーションを促進し、画期的プログラムを開始した。たとえば送電線検査に大変革を起こすロボット工学の利用、原子力発電所での放射線量の大幅削減、停止時間を短縮する最新樹脂の使用などがある。EPRIの前にはゼネラル・エレクトリック(GE)に勤務し、GEの燃料設計の開発およびライセンシングコードの策定に携わり、いくつかの国際的な燃料試験プログラムで指導的な役割を果たした。アメリカ、カリフォルニア大学バークレー校原子力工学部で修士号と博士号を取得。また台湾国立清華大学の理学士号も取得している。

メンター

ノルウェー放射線防護庁(NRPA)
規制協力プログラム・ディレクター

Malgorzata Sneve(マルゴザータ・スニーヴ)

スニーヴ氏はノルウェー放射線防護庁に24年以上勤務し、原子力関連のレガシーサイトの規制による監視およびその他の関連する問題に取り組んでいる。規制協力プログラムのディレクターとして、原子力の安全性、放射線防護、環境保護に関する規制および法律面への協力活動を担当し、特に原子力と放射線のレガシー問題、および放射性廃棄物管理にフォーカスしている。ノルウェー政府の国際的な戦略の一環である環境と人間の健康を守り、原子力の安全性を確保するための国際的な協力活動に20年以上にわたって携わってきた。学生時代の専攻は物理学。これまで原子力の安全性、環境、健康、放射線防護の分野で、ロシア連邦、ウクライナ、中央アジア各国など様々な国の当局や機関、軍、民間団体との協力を管理する実務経験を積んでいる。ノルウェー以外の北欧諸国、イギリス、フランス、アメリカの専門家や組織との二国間の協力関係に加え、IAEA、OECD/NEA、EU、NATOといった国際組織との協力関係でも、そのような協力活動の調整を担当し、協力活動そのものにも直接従事していた。また、放射線と原子力の安全性に関する技術的、社会的、政治的な問題についても広範囲にわたって深い知識を有している。ICRP(国際放射線防護委員会)TG(タスクグループ)98のメンバーに選出された経験もあり、このTGではあらゆるタイプのレガシー問題の規制について取り扱っていた。さらにOECD NEA(経済協力開発機構原子力機関)のレガシー管理専門家グループ(EGLM)の議長にも選出されたことがある。2016年以降は、IAEA(国際原子力機関)の原子力安全性およびセキュリティ・グローバルネットワーク(GNSS)の一部である、欧州および中央アジア安全ネットワーク(EuCAS)の初代議長に就任。またIAEAのレガシーサイトの規制による監視フォーラムの初代議長も務めたことがあり、複数の国際的なプロジェクトや活動のメンバーでもあった。4カ国語を自在に操り、現在まで100以上の出版物を出版している。

メンター

経済協力開発機構原子力機関(OECD-NEA)
放射性廃棄物管理・廃止措置課課長

Rebecca Tadesse(レベッカ・タデッセ)

タデッセ氏は、OECD/NEAの放射性廃棄物管理・廃棄部門の長に任命され、NEA事務局長に直接報告し、放射性廃棄物管理、原子力施設の廃棄及びレガシー管理の分野における情報交換及び研究を推進する責任を負っている。OECD/NEAの前にはアメリカ合衆国原子力規制委員会(NRC)の原子力規制研究局のチーフとして従事していた。研究用原子炉、燃料製造施設、原子力発電所、生物医学研究施設の運営と放射線安全性についてアメリカ国内外で27年以上の経験を有する。また行政長官の上級政策顧問およびエクゼクティブ・ディレクターズ・オフィスの上級運営補佐としても活躍した。さらにタデッセ氏は核物質廃止措置部門のチーフを務めたこともあり、原子力関連施設廃止のための複合施設のライセンス認可と監視を管理する役割を果たしていた。NRCでは原子炉、核物質、燃料分野で保健物理学者、プロジェクトマネージャー、ディレクターの技術アシスタントなど、様々な役職を経験してきた。またNRCの前には民間企業や連邦政府での勤務経験もある。コモンウェルス・エジソン原子力公社、ゼネラル・アトミックス・ディフェンス・コントラクター・カンパニー、アメリカ食品医薬品局で放射線物理学者として勤務していた。アメリカ国籍で、パデュー大学理学士号、ジョンズホプキンズ大学環境科学/政策分野の理学修士号を取得している。

メンター

ナダ原子力安全委員会(CNSC)
核燃料サイクルおよび施設規制総局・事務局長

Haidy Tadros(ハイディ・タドロス)

タドロス氏は2006年にCNSCに加わり、放射線防護、統合管理システム、組織再編管理、新しい原子力技術へのライセンス認可の分野において技術的およびリーダー的役割を果たしてきている。現在は核燃料サイクルおよび施設規制総局の事務局長として、CNSCの核燃料サイクル規制プログラムを監督し、その対象はウラン鉱山および製造所、ウランおよび核物質処理施設、研究用原子炉等の複合施設から廃棄物管理、廃止措置となった施設など広範囲に及んでいる。科学の積極的な実践者として、また放射線防護のスペシャリストとして学術誌に研究を発表しており、現在はカナダ政府の職員として規制面に携わっている。彼女の当該分野でのキャリアは研究から始まり25年以上になるが、この間に働きながら生物医療科学で修士号を取得している。CNSCの前にはオタワ病院の放射線安全性および保健物理学部門で放射線の安全性に関するスペシャリストとして活躍していた。現在は廃炉と廃棄物管理に関する知識を生かし、カナダ国内外のフォーラムに数多く参加している。代表的なものは核廃棄物管理に関するカナダ原子力学会の会議、廃炉と環境復旧、地層処分に関する国際会議、廃棄物管理シンポジウムなど。また2018年に開催されたIAEAの使用済み核燃料および放射性廃棄物管理の安全性に関する合同会議でカナダ代表代理を務めた。最近ではNEAで新たに組織された原子力施設の廃止措置およびレガシー廃棄物管理委員会(CDLM)の初代委員長に選出されている。